安全に関する方針

<平成25年度 運輸安全マネジメント>
Ⅰ.会社の基本的方針
私たちの目指す会社の姿
 【選ばれる会社】 顧客第一主義・顧客満足度の追求
 【地域のための会社】 地域責献・地域No.1
行動の指針
 自立・敏速・感謝・拳仕

目指す会社を実現していくため、まず、バス運行の安全を図らなければなりません。
【お客様を安全で快適にお乗りいただく】を旨とし、お客様に不安を与える運転がいかに会社経営の根幹を揺るがすかを常に自覚し、安全のための運行管理の徹底を図る。各自、安全運行を履行させていくための努力を惜しまない。



Ⅱ.平成25年度の具体約な目標

1.人身(車内・車外)事故ゼロ
2.有責物損事故ゼロ
  特に、 (1)後退時 
       (2)交差点通過時
       (3)狭隘路におけるすれ違い。防衛運転に徹すること。
3.接客サービスの向上

Ⅲ.人身事故(車内・車外)ゼロの目標を達成させるための具体的な取り組み。
1.横断歩道左折時の、同方向から進行してくる歩行者・自転車の確認の徹底。
  一旦停止をする気持ちをもつこと。内輪差による巻き込み防止の徹底。
2.車内着座確認後の発車の励行。
3.ドアは完全に止まってから開扉、安全を確認して閉扉することの徹底。
4.停留所または乗客乗降場所においては、乗客が完全に乗車、または降車し、安全であることを確実に確認し、発車することの徹底。
5.発車時、バス直前を横断する者、脇をすり放けて来るかもしれない自転車等、安全を確認することの徹底。
6.脇道からの乗用車等の飛び出しがあると思い、速度を抑えた運転に心掛け、急ブレーキによる車内人身事故防止を図ることの徹底。
7.高速道、スピードに注意。速度100km以上出さない。適正な車間距離の確保。


Ⅳ.接客サ−ピスの向上
1.1人でも多くのお客様にお乗りいただく気持ち、寒い中、バス停でバスを待っているお客様の気持ちになって、接客すること。
2.バス停にお客様がいたら、乗る・乗らないにかかわらず、停事すること。
3.早発は絶対にしない。
運輸安全マネジメント 上田バス株式会社