安全に関する方針

<令和3年度 運輸安全マネジメント>
Ⅰ.会社の基本的方針

◇私たちの目指す会社の姿
 【選ばれる会社】 顧客第一主義・顧客満足度の追求
 【地域のための会社】 地域責献・地域No.1


◇行動の指針
 【信頼】
一、信頼は一朝一夕出来上がるものではない。
一、信頼は欲すれども充てられるものではない。
一、笑顔をもって日々暮らし、心を落ち着かせ冷静に、焦っても進まないこの社会

ONE・FOR・ALL  ALL・FOR・ONE それぞれがそれぞれの役割をきちんと果たし、お互いにリスペクト(尊敬すること、相手を重んずること)し、信頼すること。自分のやるべきことを実践しない者が仲間にいろいろ言ってもそれは相手に届かないことです。信頼はまず己を自制することから始まります。この信頼の精神を心におき、お客様に対し真心、思いやりをもって臨み、健康に留意して心身の安定を図り、もって安全・安心を確保する。

◇安全の方針
【お客様に安全で快適にお乗りいただく】を旨とし、お客様に不安をあたえる運転がいかに会社経営の根幹を揺るがすかを自覚し、安全のための運行管理の徹底を図る。一人でも多くのお客様にお乗りいただくよう、寒い中(暑い中、雨降りの中、雪降りの中・・・)バス停でバスを待っているお客様の気持ちになって接客、応対、案内を行うをモットーに地域の皆様の信頼を勝ち取るを目指す。



Ⅱ.令和3年度の目標と具体的な取組み

己を自制しお客様、仲間同士の「信頼」を築き上げていくための努力をしていくなか、「安全・安心・安定」を図り、健康に留意しながら昨年度同様に、令和3年度も社長以下全社員一丸となって次のことを月別目標に掲げ、以下のことを月別目標達成のため、具体的に実施していく。

( 4月〜6月の目標 )
★安全は全てにおいて最優先します。(安全最優先の原則)
◎「車内・車外人身事故をなくす」を最優先に、有責物損事故ゼロを目指します。

( 7月〜9月の目標 )
★安全維持・向上に努めます。(維持的改善)
◎ 社内の整理・整頓を行い、安全衛生に努める。
◎ プロ運転士としての心構え、車両の構造的特徴、危険の予測・回避等を再確認し、安全運転の維持・向上に努める。

( 10月〜12月の目標 )
★安全の業務を通じて最高のサービスを提供します。(顧客第一主義)
◎ 親切運転、応対、案内の徹底を図ります。
◎ 一人でも多くのお客様にお乗りいただく気持ち、寒い中(暑い中・・・)バス停でバスを待っているお客様の気持ちになって、接客、応対、案内を行う。
◎ お客様に不安を与える運転はしないことの徹底。スピードの出し過ぎ、急発進、急ブレーキに注意。
◎ バス停にお客様がいたら、乗る、乗らないにかかわらず、停車し、ドアを開けることの徹底。
◎ 早発は絶対にしない。

( 1月〜3月の目標 )
★安全はルールに従って業務を行う。(法令等の遵守)
◎ 交通ルールを守り、始終業点検の確実な実施を行う。
◎ 車両の定期点検実施状況、記録状況の確認。
◎ 運行管理(帳票類を含む)の実施状況をチェックし、法令等の遵守を図る。



Ⅲ.令和2年度の目標達成状況

1.人身(車内・車外)事故

【目標】 ゼロにする
【実績】 0件
令和2年度(令和2年4月〜令和3年3月)は車内人身事故はありませんでした。本年も油断せず、あってはならない人身事故ゼロ目標とし、取り組んでまいります。

2.有責物損事故

【目標】 ゼロにする
【実績】 14件
前年比△10件と大幅に減少しました。しかしながら狭隘路や後退時における確認不足や判断の甘さ等により、車両を縁石他に接触させる軽微な物損事故でありました。再度防衛運転に心掛け、ゼロを目指し取り組んでまいります。

3.自動車事故報告規則第2条に規定する等の重大事故に関する統計は0件でした。


4.接客マナーの向上

車内マイクやIP無線の活用、また、思いやりの気持ちをもってマナー向上を図るを目指して取り組んできました。接客態度や言葉遣いについて一部において不十分でした。さらに向上するよう、令和3年度も重点目標に掲げ、精進してまいります。

Ⅳ.令和3年度 輸送の安全に関する重点施策・計画

 1.経営トップによる安全運転履行のための法令遵守、管理体制、教育体制のさらなる改善を継続的に進めてまいります。
 2.乗務員年間指導教育計画に基づき、トップ自ら安全教育を行い、乗務員の安全に対する意識向上を継続して図ってまいります。また、感染拡大が収まらない新型コロナウィルス感染防止に万全を期し、乗務員の健康管理に努め、車両等衛生管理の徹底を図ります。
 3.車内・車外人身事故防止を図るため、これを重点目標に掲げ、積極的に取り組みを行ってまいります。また、ヒヤリ・ハット事例から人身事故防止の抑制に努めてまいります。
 4.親切運転・応対・案内の実践につき、さらに接客サービスが図られるよう、取組みを継続して行なってまいります。
 5.安全確保のため、また乗務員指導教育にあたり、人にやさしい車両の確保を図るため、本年度も計画的に進めてまいります。

 

運輸安全マネジメント 上田バス株式会社




< 事故防止目標 >






< 運輸安全マネジメント指揮命令組織図 >





被害者等支援計画書 ⇒